新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

股関節が外れている気がする

おはようございます。

 

コロナの感染者数がどんどん増加していき、今まで感染者数が0人だった岩手県でも感染者がでましたね。

 

いままでなんで岩手県だけ感染者がでなかったんですかね?

広いから?

 

ソーシャルディスタンスが自然に出来てるから?

 

何はともあれ早くワクチンや治療薬が開発されることを祈って、我々は極力感染を抑えるように努めることですね。

 

 

さて、先日来られた股関節痛の患者さんですが、仕事中にしゃがんだ際に股関節が痛くなり、そこから約2週間股関節の自発痛と脱臼感がずーっとみられているということで来院されました。

 

所見としてスカプラ三角に圧痛(+)Anterior impingement sign(+)Csign(+)関節唇損傷を疑いました。

 

 

社会歴や年齢等考慮して、少し経過観察をして医科へ転医するか当院で加療するか決めようと思います。

 

関節唇損傷の方は脱臼感を訴えることが多いです。

 

 

この「脱臼感」は、関節唇は関節が外れないように補強している軟骨ということや、炎症で関節内が膨張していることを考えると脱臼感は必然と存在することが多いようです。

 

 

関節唇損傷は、骨盤や腰椎の機能低下や柔軟性低下股関節周囲筋の柔軟性の低下、もともと生まれ持った股関節の形態異常が損傷発生リスクを高めます。

 

腰部痛を訴えていて、腰椎や骨盤の可動性が低下している方、特に股関節を曲げていき90度以上曲げていっても骨盤が後傾しない方非常に関節唇損傷のリスクが高いです。

 

 

 

 

☆本日も皆様の健康と幸せを☆

 

 

 

医療国家資格者が指導する整体スクールで、あなたもプロの整体師を目指しませんか?

カテゴリー