新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

変形性膝関節症の治療

おはようございます。

 

本日は「変形性膝関節症」についてです。

 

 

あなたは、膝の痛みをかかえて整形外科を受診し、レントゲンと撮って「内側の関節が狭くなってきているね」「体重減らしてね」とか決まりきったことを言われますよね。

 

それで、関節注射や湿布、痛み止めや電気やマイクロ波などの物理療法を永遠として、長い年月痛いのを我慢し、旅行や外出も控え、とうとう末期となって手術となる。

 

そんな方々ばかり診てきました。

 

しかし、現在は色々なリハビリ職の方々のご尽力のおかげで、適切な運動療法をして破綻したアライメントを整えることによって、膝の痛みの除去のみではなく、早い段階でリハビリをして根本を改善していけば手術をしなくてもいいようになってきました。

 

 

いいですか。

 

変形性膝関節症の治療には、注射も湿布も痛み止めも電気治療もマイクロ波も意味がないんです

 

 

それは痛みを誤魔化しているだけで

 

 

どんどん変形性膝関節症を進行させていってしまいます。

 

進行を止め、解剖学的に正しい膝関節の構造を取り戻すためには、それぞれの筋力低下からくる異常アライメントを評価して、正しい運動療法を実施することが必要不可欠なのです。

 

 

それも、テレビとか雑誌でやっているような、誰もが知っているような大腿四頭筋の筋力強化ではないです。

 

 

大腿四頭筋の運動は、正直意味がないです。。

 

 

それではまた。

 

 

☆本日も皆様の健康と幸せを☆

 

 

 

医療国家資格者が指導する整体スクールで、あなたもプロの整体師を目指しませんか?

 

 

カテゴリー