新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

交通事故によるむち打ち

 

交通事故で起こるケガといたら、「むち打ち」がありいわゆる頸椎捻挫の事で、追突事故を起こすと必ず頚部を捻挫してしまいます。

 

頚部は重たい頭を支えており、追突の衝撃で頭部が振られ、頸椎が屈曲伸展回旋して靭帯や筋肉を損傷します。

 

これは、車の速度が16㎞で衝突しても起こるといわれております。

 

頚部は非常に弱いのですが、脳から体、身体から脳へと大事な神経や血管が行き来している大事な中継部です。

 

よって、交通事故で頚部に急激な外力が加わると、靭帯などの損傷だけではなく頚部の筋肉の過緊張を起こし、これが頚部の神経系を刺激して吐き気や頭痛、胃の不調、うつ症状などの交感神経緊張症状を来します。

 

 

これは、以前ブログでも書きました頚部神経筋症候群(CNMS)と同じです。

 

また、一過性の外傷後ストレートネックを生じて、更に頚部の辛さが増します。

 

交通事故後のむち打ちの治療は、炎症期は湿布などの消炎鎮痛処置と、固定による安静が必要ですが、炎症期を過ぎると徐々に頚部の筋肉を収縮させては伸張する施術に移行して、筋肉の緊張を除去していきます。

 

また、頸椎の拘縮も取るようなリハビリをしていきます。

 

後遺症が残らないようにきちんと治療しましょう。

 

 

 

☆本日も皆さんの健康と幸せを☆

 

 

 

 

医療国家資格者が指導する整体で、あなたもプロの整体師を目指しませんか?

 

 

カテゴリー