新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

膝が悪い方の股関節外転動作

おはようございます。

本日は、膝痛の方によくみられる異常動作です。

私は、膝が悪い方へ必ず横向きの状態で足を横に挙げるように指示します。
すると、必ず高齢の方で膝が悪い方は真上?真横?(外転運動)に足が上がりません。
これは、股関節の屈曲拘縮から伸展制限がでて大腿筋膜張筋をつかって股関節を外転してしまうからです。
それに加え、腰椎の伸展制限や骨盤の後傾が必ずがに股の患者さんにはみられているので、それも足を外転した際に前側に足が屈曲しながらの外転運動になってしまう原因のひとつです。
大腿筋膜張筋が緊張することによって、脛骨(スネの骨)が外旋して膝の痛みを余計に強くし、永遠に治らない膝が完成します。

ただし末期の方以外は、正しい治療をすれば膝の痛みも必ず・必ずなくなります。
そして、痛みが出ない体づくりをするのです。

皆さんが膝痛から解放されて、外出や普通の日常生活が送れるように本日も治療にあたります。

☆本日も皆様の健康と幸せを☆

カテゴリー