新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

肩鎖関節症の原因や治療

先日、肩を挙げると痛いという男性がみえました。年齢的にも腱板炎やインピンジメント症候群かなぁと思って検査すると、そういった所見は見られなく以前にベンチプレスをしたときに痛くなったということで、すぐに原因が分かりました。ベンチプレスで、重りを下すときに肩鎖関節に凄い負担が掛かります。鍛えている人には、肩鎖関節が飛び出ている人が多いです。

また、high arc signが陽性となり圧痛、患部の炎症所見もみられ鑑別可能です。肩関節内の炎症の場合は、腕を挙げていく途中の痛みが顕著なのですが、肩鎖関節はそこまで運動性があるわけではないので、腕を挙げた最終域で痛みが出てきます。(炎症が強い時や急性期は90度位上げるだけでも痛いですが。)治療は、腕の重さを取ることが大事ですが(三角巾で腕を吊る)、だいたいの人が嫌がります。なので、テーピングと消炎鎮痛処置としました。 段々鎖骨が飛び出てきますが、仕方ないです。治りません。重力がある限り。。また、後遺症として肩こりがあります。結構多い外傷なので皆様も同じような症状があったらご相談ください。

 

左肩鎖関節後方脱臼の症例

 

肩鎖関節は、横側から転倒して肩をついた際に発生しやすいです。ちなみに、柔道家はほとんどやっております。私も。しかし、今回の症例は、上方脱臼ではなく後方脱臼です。非常に珍しいです。肩鎖関節は外見上、解剖学的に治りませんが、痛みは取れます。ご本人も、保存療法を望まれ医科から当院へ受診し、現在加療中です。

重苦感は残っているものの、可動域や疼痛は問題ないです。 現在、筋力強化しこのまま終了となるでしょう。しかし、手術される人も多いですが、外見を気にされないのであれば絶対に手術はお勧めしません。 リハビリ期間もさほど変わらず、外見以外はなんら問題なく治ります。

カテゴリー