新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

腰椎椎間板ヘルニア手術後の肩関節痛

おはようございます。

みなさまのなかで、腰が悪くて姿勢が悪くなった方はいませんか? 背中が曲がってきていませんか?
昨日は、肩関節90°外転・外旋90°位でそこから後方へ水平伸展(すなわち背伸びをする手前の動作?)した際の肩関節痛と可動域制限がみられる方がこられました。 あきらかに小胸筋や前鋸筋や肩甲下筋等の短縮が原因と思っていたら、それに加えて腰椎椎間板ヘルニアの手術をした経験があり、座位では常に姿勢が悪く仙骨~胸椎まで後彎が顕著で、痛む動作をした際に、肩を挙げ後方へ移動する際の肩甲骨の内転・上方回旋、胸椎伸展、骨盤・腰椎の前彎・伸展という運動連鎖が出来ていませんでした。それによる肩関節の可動域制限と肩関節に負担が掛かり痛みが出現していました。この方の一番の原因は「ヘルニア手術後の腰部伸展筋の多裂筋の不活化」でした。そこから始まっています。
また、デスクワークという仕事柄、常に屈筋(前腕屈筋群~上腕二頭筋~烏口腕筋~大・小胸筋等)が優位となっているので30分に1度は伸筋優位(前腕伸筋郡~上腕三頭筋~棘下筋~菱形筋~起立筋群)にするように指導しました。これでfollow-upです。

カテゴリー