新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

腹筋が原因の肩の痛み!?

おはようございます。

本日は、腹筋の筋緊張が原因でおきた肩関節痛についてです。

この患者さんが来院された際にお話を伺っていると、腹筋運動を最近よくやるようになったということで直ぐに外腹斜筋から前鋸筋へと筋緊張が波及して肩甲骨の機能障害へと繋がり肩関節に痛みが出ているんだろうなぁと思い、スパイラルラインという筋膜連結に対して治療を行いました。
結果、すぐに肩関節の挙上時痛が消失しました。
前鋸筋は、肋骨から肩甲骨内側縁に付着しており肩甲骨を外転・回旋する筋肉で、肩甲骨が固定された状態では前鋸筋が収縮すると肋骨を挙上させます。 外腹斜筋の筋緊張によって肋骨が下方に下がり、それで前鋸筋に伸張反射がおこり筋緊張が亢進して、肩関節を挙上した際に肩甲骨が制限されて痛みが出ていたということです。
ほとんどの膝や肩関節の痛みは、関節内で機械的損傷があり痛みを出していますが、その原因は他にあります。 どこかが動かなくなっているからどこかが過剰に動いていたり、身体の遠いところで筋肉が緊張していて筋膜連鎖で違う場所が引っ張られていて痛みが出たりと。。 ☆今日も皆様に「健」康と「幸」せを☆

カテゴリー