新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

肋間神経痛の患者さんが増加中!神経痛の原因や施術について解説します

おはようございます。 そして、ご無沙汰しております。

 

肋間神経痛について

 

さて、最近は背部の痛みから側胸部、前胸部へと痛みを訴える方が多く来院されております。最近は、気候の変動も大きく、ゴールデンウィーク明けのストレス等と色々と痛みを感じる要因が多いです。

肋間神経痛は放置しても治りますが、時々なかなか治らない症例にも遭遇します。そのような方で、帯状疱疹後神経痛以外の方はだいたい胸椎のサブラクゼーションがみられます。矯正により痛みは軽快していきますので、なかなか治らない背部から胸にかけての神経痛は一度ご来院くださいね。

また、それでも長期にわたって改善されない肋間神経痛は、神経痛自体はもう治っているが、神経痛が出ていたころの前鋸筋や腹筋、肋間筋の筋緊張がそのまま改善されないで残っているので、筋緊張を緩めれば直ぐに痛みはひきます。

 

神経痛について

 

また、最近増えている神経痛について解説します。最近、坐骨神経痛や上肢への神経痛を訴えてくる方が非常に多く、毎年この時期はそうなんですが、神経は冷えると痛みが強くなる性質があります。

ですから、もともとあったヘルニアや変形などで神経が刺激されてて、症状が隠れていたのが、急に冷えて神経痛を引き起こすことが多々あります。

そして、みなさん痛いからマッサージすればいいと思って来られますが、神経痛が出ている領域の筋肉はかなり筋肉が緊張します。

それをマッサージでやわらげたりPIRというテクニックで緩めても、その場では少し楽になるのですが、必ず!神経が興奮しているのでまた過緊張を起こし、この時に痛みを強く感じてしまいます

ですから、一番は医科での投薬・注射治療を優先すべきです。そして3カ月は症状が続くと思ってください。

11月は私事ですが色々とございまして、田舎に帰省したりと落ち着かなく、また、ブログは朝の診療前にバーッと打っているのですが、その時間帯にどうしても見て欲しいという患者さんが来られているので、なかなかブログが書けませんでした。

 

☆本日も皆さんの健康と幸せを☆

 

お身体の不調でお困りでしたら、まずは無料カウンセリングからご来院ください。

 

 

健幸堂整骨院 

 

完全予約制

〇診療時間

平 日 9:00~20:00(18時以降は予約がない場合は、院は閉めております)

土曜日 9:00~13:00

 

〇休診日

日曜祝祭日、第1・3水曜日

 

 

医療国家資格者が指導する整体スクールで、あなたもプロの整体師を目指しませんか?

カテゴリー