新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

ぎっくり腰の様々なケースと股関節痛との関係

 

腰以外に股関節前面の痛みを訴えるケース

 

相変わらず、毎日ギックリ腰の患者さんが駆け込んできます。ストレス、テレワーク、運動不足、体重増加など原因は多岐に渡ります。そういった中で、ぎっくり腰の患者さんのなかには、腰の動作時の痛み以外にも股関節前面の痛みを訴える方がちょこちょこいらっしゃいます。

それは、骨盤のズレが原因で腸骨が後方回旋してロックされた状態の方や、下腹部の「膜」や腸腰筋がTightnessになっている方によくみられます。また、これがぎっくり腰の原因となったり、二次的に出現してきたりするもので、ここを改善していかないと腰の痛みは治っていきません。

急性期のぎっくり腰の痛みは、1、2週間で消失してきますが、その後の痛みや重苦感がなかなか取れない場合は、骨盤の矯正やアジャスト、お腹の中の治療が必要です。痛みが引いても、身体の機能障害を改善しなくては、またぎっくり腰を繰り返します。

今日からまた1週間の始まりです。月曜日は病気になる方や、寝違えやギックリ腰などが増える傾向にあります。お気を付けて過ごしてください。

 

ぎっくり腰の種類

 

ギックリ腰の患者さんがまたまた来院されました。ギックリ腰にも種類があり、関節のズレてロックされた状態から戻らなくて痛みと運動障害がでたり、筋肉の損傷ヘルニアなどの器質的な傷病から、腸腰筋などの筋肉が一時的に収縮した状態から伸びなくなったりと様々です。それを見分けるには、長年の感も必要です。

それはなぜか?それは、ぎっくり腰の患者さんって、来院されても痛みで動けなかったりして所見をとることが困難だからです。そして、痛みであらゆるものに敏感に反応する為、色々なものが考えられるので、とりあえず痛みが軽減してくるまで鑑別はできません。そのために痛み止めの服用をお勧めしており、痛みが落ち着いてくるとギックリ腰の原因を見つけてあげて、それを改善していきます。1人の方は、初検から1週間は原因が分かりませんでしたが、先日触診にて第3腰椎の後方へのズレが見られ、それが原因と分かりました。

先日の若い女性は、比較的軽いギックリ腰で椎間関節の軽い炎症が示唆されたので、そこの関節に負荷が掛からないように他の動いていない関節をマニピュレーションして対処しました。なんだか、ぎっくり腰を一発で治すとか胡散臭い口コミが非常に多いですが、絶対医学的にあり得ません。あったとしたら、身体の状態が大したことがなく、精神的に痛みに敏感になった状態で急に腰が痛くなり、信用する先生や口コミでいいと聞いて行ってみてもらったことによるプラセボ効果です。

くれぐれも動けないような、動作緩慢となるようなギックリ腰は治るまで時間がかかるということはご理解ください。

 

股関節が原因のぎっくり腰

 

先日おみえになったギックリ腰の患者さんですが、少し珍しかったのでブログに書こうと思います。

その方は、バイクに乗ろうと右脚を上げた際に左の腰部が急激に痛くなったと言って来られました。初診時は痛みが顕著だったので処置のみとし、一週間後に再診していただきましたが、よ~く触診していくと左の中殿筋の筋スパズムと筋力低下、外転可動域制限がみられました。どういうことかと言うと、右の脚を上げた際に本来ですと左の中殿筋が働き股関節を外転して、若干腰椎が左側屈します。

しかし、左中殿筋の筋力低下により右脚を上げて跨ごうとした際の左股関節外転動作が思うようにいかずに、代償として腰椎の左側屈が過度に働いてしまい、左腰椎の椎間関節の炎症や腰方形筋の筋スパズムを引き起こしてぎっくり腰になったと推察されました。

よって、左股関節の中殿筋の強化をして、そのあとに可動域訓練をして、左股関節のストレッチと筋肉運動をしどうし経過観察としました。患部の痛みは自然と消えてくると思います。今時期は腰を痛める人が多いので、皆様もくれぐれもお気を付けくださいね。

 

根本的な原因を評価して治療にあたることが大切

 

先月から今月あたままで、非常にぎっくり腰の患者様が多かったですが、その後ちゃくちゃくと治っていっております。神経症状があったかたも、適切な処置やセルフトレーニングの指導、施術で約1カ月目の今日、神経症状もほぼ消失しました。

今までは、安静と施術、腹圧を高める運動の指導をしておりましたが、本日からは痛みや神経症状が消失したのでぎっくり腰によって?おそらく前からあったであろう筋力低下している筋肉に対して運動療法を本格的に行い、自宅でもするように指導しました。

また2週間後に再来して頂きますが、その時には筋力も戻って代償運動(筋力が弱いので他の筋肉が過剰に働いたり、異常動作のこと)もみられなくなることでしょう。我々の仕事は、痛みを取るだけにフォーカスしている先生も多いですが、なぜ痛みが出たのか?根本的な原因を評価して治療にあたらなくては、また患者さんは再発してしまいます。患者さんのために今日も頑張ります!

 

私自身の体験

 

おはようございます。連休はいかがお過ごしでしたか? 雨もそんなに降らずに意外と外出できたのではないでしょうか?

私は、昨日の起床時にぎっくり腰の手前?になって動くのが大変でしたが、子供たちを遊びにつれていく約束をしていたので、動くのも大変でしたが痛みを我慢して遊びにつれてきました。
いや~、本当この仕事をしててよかったな~と思いました。だって、車を運転しながらも歩きながらも一つひとつおかしい部分を治療しながら行動していたら、夕方には治っちゃったんですよ!

自分の体なので、こうすると痛いってことはここがこうでこうだからかな?と評価してそれを改善するリハビリをしてその日のうちに痛みをとっちゃったんですよ。(完全なぎっくり腰ではないので取れたのでしょう)

最近、左の足の甲からハムストリングまで異常感覚があり、ヘルニアの所見がありますので今回のぎっくり腰も間違いなくヘルニア性の痛みだと思いますが、ヘルニア=ヘルニアを治療しないと治らない、ではないのです。 急性期はヘルニアならヘルニアを何とかしなくてはいけませんが、慢性期では必ず機能が悪くなっているところの回復するとその痛みは改善します。

 

 

 

お身体の不調でお困りでしたら、まずは無料カウンセリングからご来院ください。

 

 

健幸堂整骨院 

 

完全予約制

〇診療時間

平 日 9:00~20:00(18時以降は予約がない場合は、院は閉めております)

土曜日 9:00~13:00

 

〇休診日

日曜祝祭日、第1・3水曜日

 

 

カテゴリー