新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

高齢者の膝崩れ

膝が「ガクン」となる原因は?

 

本日は当院併設のデイサービスをご利用されるご利用者様の症状で、歩行時に膝の力が抜行けて「ガクン」として歩きづらいというご相談を受けました。

 

これは膝崩れGiving Wayという現象で、前十字靭帯損傷や半月板損傷にみられる症状ですが、高齢者になると脳血管障害、廃用症候群などでも出てくる症状です。

 

こういった高齢者の方の膝崩れに対するリハビリは、大腿四頭筋の筋力増強訓練だけでは改善しません。

 

 

 

膝崩れに対するリハビリ

 

必要なリハビリとしては、立位での患側足(膝崩れが起こる足)に対する大腿四頭筋の遠心性筋収縮を行い、促通する必要があります。

 

 

言葉ではうまく説明できませんが、セラピストが患側の膝を他動的に屈曲させて、患者さんが反射的に大腿四頭筋に力を入れて収縮をするといったリハビリです。

 

 

膝崩れを起こさないように、患者様は膝を伸ばしたまま歩くようになります。

 

 

そして段々と膝が反対側に反ってきて、「反張膝」が形成され膝痛の原因になります。

 

 

また、歩行の異常も出てきて体中が疲れるようになります。

 

 

そうならないためにもちゃんとしたリハビリをしていきましょう。

 

 

 

☆本日も皆様の健康と幸せを☆

 

 

 

医療国家資格者が指導する整体スクールで、あなたもプロの整体師を目指しませんか?

カテゴリー