新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

背中から腕にかけての痛みと痺れ

おはようございます。

先日より背部痛を訴える方がご来院されていて、大胸筋の弛緩や背部の僧帽筋中部繊維の強化を施しておりましたが、数週間後に腕から第2指にかけての痺れや痛みを訴えるようになってきました。
原因を探ると、ライトテスト陽性でしたので小胸筋症候群の疑いがありました。
既往歴として、患側の肩鎖関節脱臼の手術(ボルトでの固定)をしておりました。
原因はこれです。
これによって小胸筋の短縮や僧帽筋上部線維の筋力低下が示唆され、小胸筋が攣縮して鎖骨下動静脈や腕神経叢を圧迫して指まで痛みや痺れが出ていました。
治療は、小胸筋の拮抗筋である僧帽筋上部繊維の強化をして相反抑制を小胸筋にかけて緩めます。
僧帽筋の強化を施すと、ライトテスト陰性となりました。
これを自宅でも毎日行ってもらい経過観察をしました。一週間後、症状は消失しておりましたので今後も運動を継続するように指導して治療終了としました。
今回は、最初の背部痛は小胸筋の短縮による肩甲骨の外転外旋方向への牽引のよる菱形筋の伸張痛と思われます。 症状や原因は十人十色です。 きちんとした評価と経過観察が必要です。一発で治ることはないです。

カテゴリー