新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

膝の屈曲拘縮

おはようございます。

あなたは座って足をなげ出して座ったときに、膝裏は床につきますか?

つかなければ、屈曲拘縮しております。

屈曲拘縮は、変形性膝関節症や水が溜まったりしておきます。

放っておくと、関節の遊びがない状態ですので軟骨と軟骨が衝突を起こして痛みの原因になります。

また、滑膜などが繊維化して膝を伸ばすのには手術しかなくなります。

膝が伸びなくて固まる原因として、
①膝蓋下脂肪体のインピンジメント
②関節液貯留による伸展制限
③後方関節包の短縮
④ハムストなどの滑走障害
⓹後方組織の短縮
⑥重心の異常で膝が曲がる
等、あげればきりがありません。

患者さんそれぞれの原因があり、それを正しく評価して治療にあたらなくては治りもせず、悪化させるだけです。

正しい評価から正しい治療が生まれて、患者さんの身体は治っていきます。

なかなか治らない痛みや身体の不調は一度当院にご相談してみて下さい。

☆本日も皆様の「健」康と「幸」せを☆

カテゴリー