新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

膝関節滑膜炎

おはようございます。
本日は、滑膜炎についてです。
先日、膝関節痛で曲げ伸ばしも困難な方が来院されました。

現病歴:膝OA(変形性関節症)、身体所見:膝蓋上滑液包へ腫脹(+)、運動痛(+)、ROM:伸展-20°・屈曲90°と明らかに滑膜炎の兆候がありました。

この場合は少し包帯で圧迫し、消炎鎮痛処置を施し、股関節や足関節、足趾や骨盤等の調整のみでfollow-up。

滑膜炎を繰り返し、パンヌス形成(肉芽組織)して膝がどんどん肥厚していき、OA独特のごつい膝になっていきます。

そうなると膝の可動域が改善しなく、まず正座はできなくなりADL低下を招きます。また、関節の不安定性がでて、脚を着いた際にlateral thrustがみられるようになります。

そうなる前に、きちんとしたリハビリをして炎症する原因を突き止めて治療していかなくてはなりません。

みなさんも、早めに効果が無い治療は止めてより専門的で医学的根拠のある治療をお勧めします。

その膝の痛み、諦めないで。

カテゴリー