新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

五十肩の前兆!?

おはようございます。
昨日お見えになった患者さんですが、酷い肩甲骨周りの重苦感で悩まされていて、マッサージに行ったりしたが中々良くならないとご来院されました。
内臓痛などのRed flag sign-、頚椎症性の所見もみられませんでした。

異常所見としては、肩甲骨のマルアライメントと菱形筋や僧帽筋のTightness++、若干肩関節の他動外転時90°付近での抵抗感+がみられました。
これは、五十肩の前兆です。

肩甲骨(肩甲胸郭関節)のアライメントが悪い姿勢や一部の筋肉の筋力低下、麻痺などで崩れ、肩甲帯筋が過緊張を起こします。そうすると、肩甲骨の動きは制限され、肩甲上腕関節(肩関節)の機能が障害されて、Impingement などのトリガーとなり肩関節周囲炎や五十肩へと移行します。 実際この患者さんは、肩関節外転時に90°付近で抵抗感があり正常な外転運動がみられませんでした。
また、原因としては僧帽筋上部繊維の筋力低下が示唆され、治療はそこの筋の強化を図り終了。 週に2回リハビリをすれば改善して五十肩も予防できるでしょう。 凝りは、マッサージをすればいいってもんじゃないんですよ。

カテゴリー