新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

足を捻ってきた高校生

おはようございます。

昨日の夜、バスケットボールをしていて足を捻じったという子が急患できました。

外側の良く痛める靭帯は問題ないのですが、内側が痛むと言っていて、三角靭帯を調べるも問題なし。

圧痛を調べていくと、舟状骨に顕著に圧痛がみられ、腫脹も若干見られました。

また、偏平足もあり、明らかに「有痛性外脛骨」の所見でした。

「有痛性外脛骨」とは、後脛骨筋腱の舟状骨付着部での過剰骨で、これが足を捻じった際に炎症をおこし、疼痛を誘発します。

治療としては、足底の縦アーチと後脛骨筋を補強するテーピングと消炎鎮痛処置としましたが、痛みがひかないようなら距腿関節や距骨下関節の運動をしていこうと思います。

写真のように、舟状骨が出ている人は、ある日、足を捻じったりして痛みがでてくる可能性があります。普段は痛みがでないのですが、捻じったりすることで「痛みのスイッチ」が入ってしまいます。 対処法としては、普段からアーチサポーターやインソールで縦アーチを補強してみて下さい。

☆本日も皆様の健康と幸せを☆

カテゴリー