新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

膝を曲げた際の膝裏の痛み

おはようございます。

本日は、膝を曲げた際の膝裏の痛みに関するお話しです。

膝を曲げた際に、膝裏の内側が痛む方(腓腹筋内側頭のインピンジメント)は結構いらっしゃいますが、膝裏の外側が痛くなる方がたまにいらっしゃいます。私の弟もそうでした。

原因は……「ファベラ」です。

ファベラとは腓腹筋外側頭の腱内に発生している種子骨です。 腱の中にある種子骨とは、膝のお皿(膝蓋骨)もそうです。

このファベラが、膝を曲げていくと腓骨頭上方にある膝窩筋等の軟部組織を圧迫し痛みが発生します。

このファベラはみんなにあるわけではないです。ある文献には、変形性膝関節症の方は一般の方に比べてファベラの存在が2倍となっています。

また、このファベラは膝の伸展時にも痛みの原因になったりもし、「ファベラ症候群」と言われ症状が改善されない場合は、手術で取っちゃうこともあります。

皆さんの中にも、なかなか治らない膝を曲げた際の膝裏外側の痛みで悩まれている方はいらっしゃいませんか?

☆本日も皆様の「健」康と「幸」せを☆

 

カテゴリー