新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

坐骨神経痛に効くストレッチ

坐骨神経痛とは?

 

坐骨神経とは、腰椎の4番・5番、仙骨の1番から3番までの神経が束になってお尻から脚を走行して、知覚や運動を司っている人体の中で一番太くて長い神経です。

それゆえ、重度の坐骨神経痛になると痛みで足がつけなくなったり、入院する場合もあります。

 

坐骨神経痛とは、この坐骨神経が何らかの要因で、痛みや痺れ、時には膀胱直腸障害、麻痺をきたす病態です。

坐骨神経痛とは、病名ではなくこうした症状の総称のことです。

 

 

坐骨神経痛の原因

 

坐骨神経痛の原因は、

 

① 腰部椎間板ヘルニア

② 腰椎すべり症

③ 腰部脊柱管狭窄症

④ 変形性腰椎症

⑤ 子宮筋腫・卵巣嚢腫

⑥ 梨状筋症候群

 

等があります。

これらが原因で、神経を圧迫刺激して坐骨神経痛を引き起こします。

 

 

坐骨神経痛の症状

 

坐骨神経痛は、臀部後方から足先にかけて神経が走行しているので、そこのどこかに痛み痺れの症状がでます。

 

痛む場所は、臀部のみが痛む人もいれば、臀部から大腿後面まで痛む人、臀部からふくらはぎ臀部から下腿前面や外側臀部から足裏臀部から足趾まで、大腿部から下腿部、と多岐に渡ります。

 

また、痛みの質もじっとしていられないくらい痛む人もいれば、灼熱感や冷感(痛覚と温度覚は同じ走行をしているため)を感じる人、慢性的になると患部が突っ張る感じがする、張っている感じがするだけの人と人それぞれです。

 

坐骨神経痛は、痛みの症状が強いのですが、神経は知覚線維と運動線維が根っこの部分では混在しているので、腰部由来の坐骨神経痛には痛みとともに運動麻痺が存在することもあります。

よって、足がよく躓く(drop foot)とか、残尿感や排尿や排便がしづらい、または尿失禁や便失禁、勃起障害などが出ることもあります。

 

 

坐骨神経痛の治療法

 

急性期

 

まずは、整形外科で精密検査をします。

そこで医師によって診断をうけますが、治療法はまず投薬治療が優先されます。

 

カロナールやロキソニンなどの痛み止めやビタミン剤などの投薬治療をすると、数カ月で症状が緩和されてきます。私の経験上、3ヶ月で症状は安定します。

 

また、坐骨神経痛や腰部脊柱管狭窄症の原因の一つである急性期のヘルニアの場合は安静が大事で、安静によりヘルニアが消失することもありますので、将来の事を考えて絶対安静する必要があります。

 

症状があまりにも強ければ、ブロック注射をして症状を緩和します。

 

この急性期の時期は、マッサージやストレッチは禁忌です。

 

まず、坐骨神経の興奮によって神経痛が出ている部分の筋肉は、筋スパズム(筋攣縮)といって過緊張状態でとてもじゃないけどマッサージなんて出来る状態ではないです。

 

急性期の症状が強い坐骨神経痛はマッサージやストレッチによって痛みは悪化しますので、投薬治療とコルセット着用し安静のみです。

 

また、最近では椎間板内に酵素を含む薬剤を直接注射して、ヘルニアによる神経の圧迫を弱める、ヘルニコアが保険治療に認可されました。

 

 

 

慢性期

 

症状が安定してきて、筋肉の過緊張が減ってきたり安静時の痛みが軽減して筋肉を押しても痛みが(圧痛)ない場合は、臀部や下肢のマッサージやストレッチが効果的です。

 

きちんと処置、治療をしても急性期の筋攣縮が残って、筋肉が緩まずにいると脚のツッパリや筋肉の虚血による痺れ、筋膜の癒着、皮神経の筋膜貫通部での絞扼などで神経痛様疼痛や痺れが残ることがあります。

 

それらを改善するのが、マッサージやストレッチです。

 

 

① 股関節周りのストレッチ

 

まずは仰向けになって坐骨神経の通り道である臀部や股関節周りの筋肉のストレッチです。

 

 

 

 

次は、横向きになって症状が出ている方を天井方向にして、梨状筋のストレッチです。

梨状筋は非常に大事で、坐骨神経は腰や仙骨から神経が集まって、束になってこの梨状筋下孔を通過して下肢へ下がっていきますので、ここが硬くなっていても坐骨神経が絞扼されて坐骨神経痛がでます(梨状筋症候群

 

② ハムストリングスのストレッチ

 

次に、坐骨神経のが通過するハムストリングスのストレッチです。

ハムストリングスが硬くなっていると坐骨神経を圧迫したり牽引して、なかなか症状が改善されませんのでゆっくり伸ばしていきます。

 

 

ここで注意点として、骨盤を前傾させてハムストリングスをストレッチしますが、間違って腰を曲げてしまう人がいます。

腰をいくら曲げてもハムストリングスにはストレッチが掛からないので、ハムストリングスが伸びている感覚がない方は腰を反った状態で骨盤前傾を意識してやってください。

 

 

 

③ 坐骨神経の滑走改善

 

坐骨神経の滑走を改善することも、坐骨神経痛を軽減させるために必要です。

これをして痛みが出るようなら、まだ急性期ですのでやめてください。

 

 

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

坐骨神経痛は殆どが慢性化して、臀部から下肢、足底にかけて神経症状を出しますが、急性期に医科での適切な検査と投薬治療をし、安静にできれば慢性化とならないことが多いです。

 

もし、適切な治療が出来なく慢性化となってしまった方は、臀部や下肢のマッサージやストレッチを毎日やってみてください。

 

できることなら専門的な施術を整形外科や整骨院、鍼灸院、治療院で国家資格者による施術を受けるようにしてください。

 

急性期はやはり医科での精密検査を必ずしてください。

 

なかには腫瘍による神経圧迫重度の脊柱管狭窄症など緊急を要する場合があります。

 

 

 

 

 

 

医療国家資格者が指導する整体スクールで、あなたもプロの整体師になりませんか?

カテゴリー