新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

ギックリ腰が急増中

おはようございます。

 

ギックリ腰の患者さんがまたまた来院されました。

 

ギックリ腰にも種類があり、関節のズレてロックされた状態から戻らなくて痛みと運動障害がでたり、筋肉の損傷ヘルニアなどの器質的な傷病から、腸腰筋などの筋肉が一時的に収縮した状態から伸びなくなったりと様々です。

 

それを見分けるには、長年の感も必要です。

 

それはなぜか?それは、ぎっくり腰の患者さんって、来院されても痛みで動けなかったりして所見をとることが困難だからです。

 

そして、痛みであらゆるものに敏感に反応する為、色々なものが考えられるので、とりあえず痛みが軽減してくるまで鑑別はできません。

 

そのために痛み止めの服用をお勧めしており、痛みが落ち着いてくるとギックリ腰の原因を見つけてあげて、それを改善していきます。

 

1人の方は、初検から1週間は原因が分かりませんでしたが、先日触診にて第3腰椎の後方へのズレが見られ、それが原因と分かりました。

 

先日の若い女性は、比較的軽いギックリ腰で椎間関節の軽い炎症が示唆されたので、そこの関節に負荷が掛からないように他の動いていない関節をマニピュレーションして対処しました。

 

なんだか、ぎっくり腰を一発で治すとか胡散臭い口コミが非常に多いですが、絶対医学的にあり得ません。

 

あったとしたら、身体の状態が大したことがなく、精神的に痛みに敏感になった状態で急に腰が痛くなり、信用する先生や口コミでいいと聞いて行ってみてもらったことによるプラセボ効果です。

 

くれぐれも動けないような、動作緩慢となるようなギックリ腰は治るまで時間がかかるということはご理解ください。

 

 

 

☆本日も皆さんの健康と幸せを☆

 

 

 

医療国家資格者が指導する整体スクールで、あなたもプロの整体師を目指しませんか?

 

 

 

 

カテゴリー