新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

肩関節痛の評価

 

本日は、医学書や参考書にも載っていない私の臨床経験をもとにした、肩関節痛の患者さんを診るうえでの評価法の一つをご紹介します。

 

肩関節痛を訴える方って、3種類の痛がり方があります。

 

 

 

肩の痛みの3つのパターン

 

 

1つ目は、グーっと腕を上げていくと痛かったり、腕を上げた状態でちょっと捻じったりすると痛みが出たりする方で、肩甲骨や胸椎などの機能的関節の機能障害や肩関節の拘縮(固まること)がみられます。

 

 

原因を特定してリハビリをしていけば、肩の痛みも消えます。

 

 

 

2つ目は、ちょっと動かした時にイテってなったり、時々動かしていてピキーンと痛みが出るという方で、関節の拘縮や機能障害がみられないことが多いです。

 

 

こういった痛みは、肩を動かす筋肉の腱が炎症を起こしているだけの場合が多く、治りも早いです。

 

 

また、筋肉や上腕骨でできた穴から腕に行く神経が出てきますが、そこで絞扼されて神経痛のような痛みを腕の外側に出す場合もあります。

 

 

治療法としては主に、肩を動かす筋肉、特にインナーマッスル(上腕骨を捻じる筋肉)を促通してあげます。

 

 

すると、肩を動かす際の関節内での微妙な回転や滑りの動きが改善されてきて、周りの筋肉の筋緊張も低下してきて痛みが消失します。

 

 

 

3つ目は、全く動かすことができない位の痛みで、熱感や発赤がみられるもので、腱の中に石灰が溜って激痛が走る石灰沈着性腱板炎があります。

 

 

これは、胃薬のタガメットという薬を服用すると、そのタガメットの副作用で石灰がなくなることがあり痛みが消失してきます。

 

 

 

最新治療(モヤモヤ血管外来)

 

 

また最近では、石灰沈着性腱板炎や、なかなか良くならない肩関節周囲炎にはモヤモヤ血管が存在し痛みが引かない事も分かってきました。

 

 

炎症を起こした場所には、新生血管が増殖してきて血管が増殖すると神経も付随して増殖してきて、痛みが引かない原因となっていて、そこへカテーテル治療を行い薬剤を注入して痛みを軽減させる方法をオクノクリニックの奥野先生が行っております。

 

モヤモヤ血管の治療は、最新治療なので保険が適応されません。

 

しかし、当院はオクノクリニックと提携しており専用の紹介状がございますので、その紹介状があると治療費が安くなります。

 

もし痛みが長引き、モヤモヤ血管かな?と感じましたら一度当院にお越しください。

 

 

 

早めの治療が必要ですよ。

 

 

 

☆本日も皆様の健康と幸せを☆

 

 

 

 

 

医療国家資格者が指導する整体で、あなたもプロの整体師を目指しませんか?

 

カテゴリー