新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

足関節の捻挫と骨折の鑑別

おはようございます。

 

 

本日は、整骨院の外傷で最も多い足関節捻挫についてお話しします。

 

 

みなさんは足を捻挫した!と来院されますが、3割位は骨折が隠れていることが多いです。

 

 

隠れているというか、骨折するか捻挫(靭帯損傷)するかどちらかです。

 

 

骨折と捻挫が一緒に起こることはまずありえません。

 

 

で、私たち柔道整復師はレントゲンを撮ってはいけないので、骨折が疑われる場合は提携の病院へレントゲンの依頼をします。

 

 

 

そこで骨傷の有無を判断して治療に移行していきますが、レントゲンをみないで骨折をどうやって私たちは疑うと思いますか?

 

 

 

腫れの程度?

 

 

もちろんそれもありますが、捻挫でも骨折以上に腫れることもあります。 

 

 

 

ワーファリンなどの抗凝固薬の服用や血友病者などはかなり腫れますが、健常者も初めての捻挫でかなり腫れる人もいます。

 

 

 

ではどうやって判断するか?

 

 

 

それはOttawa ankle rules(オタワアンクルルールというものがあり、これで我々は判断します。

 

 

 

大事なのは「圧痛場所圧痛の質(押してどこが痛いか、どの方向から押すと痛いか)」です。

 

 

 

これでレントゲンが必要か判断して、アメリカでは医療費の抑制に繋がってます。

 

 

 

詳しくは次回に。

 

 

☆本日も皆さんの健康と幸せを☆

 

 

 

医療国家資格者が指導する整体スクールで、あなたもプロの整体師を目指しませんか?

カテゴリー