新中野の整骨院は健幸堂整骨院へ

完全予約制

03-6382-6911

定休日

日曜・祝日・第1・第3水曜日

診療時間

9:00~12:00 / 16:00~20:00
※土曜日のみ 9:00~13:00

instagram

BLOG

院長ブログ

足の親指をつかえてますか?

こんにちは。

みなさんは、足の親指をつかえてますか?

歩行時の蹴りだしは最終的には母趾で行われ、その際に働く筋肉が「長母指屈筋」です。

この筋肉は、腓骨や骨間膜から始まり母趾にくっついていて、母趾を曲げる筋肉です。

この筋肉が働かないと、筋肉の筋膜連鎖・運動連鎖で内転筋が機能しません。

内転筋が働かないと、内側ハムストが代償するので過緊張状態となって膝痛に関係してきます。

また、地面に足を着いたときに膝が外側にスライドする「ラテラルスラスト」という現象が起きたり、O脚が形成されて膝の内側部痛に関与してきます。

私は膝痛の患者様をみるときに一番初めに確認するところです。

また、この筋肉をつかって歩行しないと、母趾の爪に爪圧がかからなく「巻き爪」になります。

膝の痛みを訴えている患者さんは、だいたい巻き爪になっています。長母指屈筋をつかえていないということです。

みなさんも歩行の最後の蹴りだしの際に、母趾を曲げて蹴りだすのを意識して膝痛、巻き爪予防しましょう。

☆本日も皆様の「健」康と「幸」せを☆

カテゴリー